archive
category
  • カテゴリーなし

機密文書を守る。

文書管理は大切です。とよく言われますよね。さまざまな営為の中で生まれる文書・書類。それらは何をするにしても、過去のものを参照したり、検索したりということが必要になるものです。
それらのことがスムーズにやれるように、整理整頓されておく必要があります。それがすなわち、文書管理をするということ。
どこに何があるかということをすぐに引き出せるようにすること。そのためには、書類のファイリングに気をつけたりとか、書庫のシステムを見なおすとか、考えられることはいくつかありますね。

ところで、ファイリングとか書庫の何かとか、これらはその文書が紙に書かれたものであるという前提の上にあることです。
ですが、そうでない文書というものもあります。コンピュータの発達は、電子メディアにさまざまなデータを記録し、整頓することを可能にしました。
文書管理も今や、電子媒体のモノにも対応できるようなモノが求められているのです。

そのためのツールとして、そのためのソフトウェアが登場してきています。専用のソフトというわけです。
文書管理ソフトには、機密文書と呼ばれる種類の書類を扱う機能も備わっています。
機密文書というのは、会社の経営に関して、会社の外に不用意に漏れては困る種類のもの。

個人でも、機密文書の管理は大切ですよね。自分の住所とか、所有する財産の内訳とか、そういうものは不用意に表に出してはいけない、いわゆる「機密」であるわけです。
機密文書を扱う文書管理ソフトの機能にはどういったものがあるんでしょうか?
それが、ここで展開される文章の大きなテーマになります。

話題のサイト

文書管理システムを導入すれば色々楽になりますよ!;インフォコム